ホストは何時から何時まで働くのか

出勤・終業時間は営業時間で変わる

時計

ホストは何時に出勤して、何時まで働くのか。
それを説明するには、ホストクラブの営業時間について触れなくてはいけません。
現状では大きく分けて3種類あるホストクラブの営業時間の紹介と共に働くホストの出勤時間について説明します。

【1部営業のホストクラブ】

19時〜21時頃に営業開始し、24時〜25時に営業終了するホストクラブです。
終業時間は法律によって定められていて、基本は24時ですが地域によっては25時までOKです。

1部営業のホストクラブで働くホストは18時〜20時頃に出勤し、およそ3〜5時間ほど働きます。
終業時間まで働くと終電を逃すことになってしまうため、終電前に帰ることを認めているホストクラブも中にはあります。

関東:終電帰りOKのホスト求人検索 関西:終電帰りOKのホスト求人検索 東海:終電帰りOKのホスト求人検索 北海道・東北:終電帰りOKのホスト求人検索

【2部営業のホストクラブ】

6時以降に営業開始し、9時〜11時頃に営業終了するホストクラブです。
営業開始時間は法律で定められています。
以前は日の出(季節によって異なる)からと曖昧な表現でしたが、2016年に法律が変わり明確に午前6時からとなりました。

2部営業のホストクラブで働くホストは5時頃に出勤して3〜4時間ほど働きます。
1部営業とは異なり、終業時間に縛りはありませんが時間が遅くなるほど客足は減るのであまり長くやらない店が多いです。

【3部営業のホストクラブ】

昼の12時以降に営業開始し、夕方に営業終了するホストクラブです。
1部・2部とは異なり、営業時間に法律上の定めがなく自由です。
そのため各店の営業時間がバラバラです。
お店の数自体はかなり少なく、歌舞伎町でも数店舗あるかないかです。

3部営業のホストクラブで働くホストは11時頃に出勤して3〜6時間ほど働きます。
客足が読めない時間帯なので日によって働く時間が大きく変動することもあるでしょう。

ホストの出勤時間が変わる要素

各営業ごとのホストの出勤時間は上記の通りですが、常に一定ではありません。
以下の理由で出勤時間が変更されます。

同伴(どうはん)

お客様との店外デートを経てから出勤するのが「同伴」です。
同伴するホストは指名客を100%店に呼ぶという成果と引き換えに出勤時間の縛りがありません。
何時に出勤しても遅刻扱いにならないのです。
中には遅刻を回避するために同伴するホストもいます。

役職、No.(ナンバー)ホスト

役職を与えられるほど偉くなるといわゆる重役出勤ができます。
但し、営業前のミーティングで進行役を務めるホストは早めに出勤する必要があります。

高い売上を達成し、お店の利益に大きく貢献しているホストにも出勤時間の自由が認められます。
中でも「Executive Player(エグゼクティブプレイヤー)」など特別な肩書きのホストは出勤時間のみならず、出勤日すら自ら決められます。

関連特集ホストの役職って何?その種類や仕組みについて解説

バイト勤務

最初からフルタイムでの勤務をしていないいわゆる「バイトホスト」は出勤時間が異なる場合があります。
時間的な自由さと引き換えに給料などの待遇面では毎日出勤する「レギュラーホスト」には劣るので一長一短です。

関連特集大学生にホストバイトをオススメする理由

掃除・雑用なし

ホストが営業開始時間の1時間ほど前に出勤しなくてはならないのは、店内で掃除等を行う必要があるためです。
大手のホストクラブを中心に掃除を専門業者に任せる動きが増えています。
そのため、掃除や雑用なしのホストクラブでは出勤時間が少し遅くなります。

求人検索

ご興味のあるエリアを選んでください。
オススメのホストクラブ求人情報を紹介します。

関西

関東

東海

北海道

関連記事

Q&A
特集