ホストクラブ業界の役職について

特集 出世したホストがもらえる「役職」について
ホストクラブ業界の役職特集のバナー

目次

オリジナリティ溢れるホスト業界の役職

一般の会社には課長・部長などの役職があり、部下を統率しています。
そんな組織だった雰囲気のないホストクラブですが、実は役職があります。
ホストクラブで見かける役職についてまとめました。

どんな役職があるの?

代表取締役 一般の会社の場合、○○会社のトップには社長がいて、○○部の責任者には部長がいます。
その下には○○課・○○係があってそれぞれ課長・係長がいるわけですが、ホストクラブには会社のような細かい組織が分かれていません。
ですから、役職と言っても系統だったものではなくかなり自由です。
店のトップ(最高責任者)も社長だったり代表だったり店長だったりと色々。
部長、主任、マネージャー、幹部などもあります。
※マネージャーはサポート役かな?と思いきや、ナンバー入りしていることも…
役職の後ろに「候補」が付く場合もあって色々カオスです(笑)

格好良さを気にするホストですから役職に横文字・英語を使う人もいます。
エグゼクティブプロデューサー、コーディネーター、アドバイザーなどなど。
ここまで行くと名乗ったもの勝ち状態です。

役職ホストになる条件は?

役職がつく条件 ホストクラブには様々な役職がありますが、誰もがその地位を得られるわけではありません。
店舗によってその条件が異なりますが多くの場合は売上額の達成です。
ホストのステータスである売上額が一定ランクに達することでご褒美として役職が与えられるのです。
ランクの低い(と言っては何ですが)役職はこれら個人の実力で勝ち取ることができますが、より上位の役職を得るには単純な個人の売上だけでなく後輩ホストの育成が含まれることもあります。
役職が上位になれば管理するホストが多くなるわけですからこういった条件がプラスされるのは理解できますね。

役職がつくメリットは?

役職がつくメリット いくつかあります。
わかりやすいのが給料面。
ベースの給料や歩合(バック)の割合が良くなります。
生活の安定度が増しますし、頑張りがより大きく反映されます

また、情報サイトやHP上で役職名が記載されますし、並び順も上位になりやすいので他のホストより注目度が上がります。
つまり新規客の獲得がしやすくなる、というわけです。

その他では威張れるということもあります。
ホストの世界では年齢よりも役職や売上によって上下関係ができるので大きい顔ができます。
関連して、掃除などの雑用をしなくて済むようにもなります。

関連特集ホスト給与解説

新しい仕事が増えるデメリットも

自分の酒は薄めて作る 給料が増えて店内で大きな顔ができるしお客も増えやすい。
役職がつくことにメリットがたくさんありますが、デメリットが無いわけではありません。

他のホストより上位に立つため、後輩の指導や管理などの仕事が増えてきます
また、外部業者(広告業者など)とのやり取りを任されることも。
普段の仕事と比べてかなり内容は異なりますし、昼間など普段ホストが寝ているタイミングで仕事をしなくてはならないこともあります。

負担もあるけど将来役に立つ

ダミーの飲み物と変えておく 役職ホストになるといわゆる一匹狼ではいられません。
後輩の指導や店全体のことを考えての仕事ぶりが求められます。

面倒だと思う気持ちもわかります。
しかし、そこで学んだ経験は後々の人生で役に立つでしょう。
特にホストを卒業して自分で店を持ったり起業したりするときには。

役職は誰でも獲得できるものではありません。
自分の成果に自信を持って更なる高みを目指しましょう。