売れない・稼げないホストの給料はいくら?

売れないホストの給料事情

売れない・稼げないホストの給料はいくら?

ホストの仕事を始めようと考えている方にとって頭を悩ませるのが、
「自分は売れる(稼げる)だろうか」
と言うこと。
悲惨なイメージがある「売れないホストの給料」についてまとめました。

売れないホストの給料=0円ではない

ホストクラブ各店で額は異なりますが、売れないホストの給料は
日給:5,000円〜10,000円
月給:15万円〜20万円
年収:180万円〜240万円
ほどです。

売れてないホストなのにそこそこの給料が貰えていることに疑問を持った方も多いでしょう。
ホストの給料システムが売上を元にした歩合制だと知っている方ならなおさらです。

関連特集ホストの給料システムや仕組み、教えます

売れないホストに支払われる給料

近年のホストクラブでは売れないホストへの救済策として基本給にあたる「最低保証(保障)給」の制度を設けている場合がほとんどです。
売上がたとえ0でも上記の金額くらいは貰えます。

近年では日給10,000円を超える保証給を支払うお店も増えています。
※関東の日給保証10000円以上のホスト求人 ※関西の日給保証10000円以上のホスト求人 ※東海の日給保証10000円以上のホスト求人 ※北海道の日給保証10000円以上のホスト求人

いつまで「売れないホスト」のままでいられる?

給料は安くても楽に稼げるならそれでいい。
そう考える方にとって最低保証(保障)給は実に嬉しい制度ですが、いつまでも続くとは限りません。

一部の「永久保証(保障)」してくれるホストクラブ以外はいつか終わりがやってきます。
ホストクラブは基本的に売上を競う実力主義の世界。
売れるための努力・頑張りを行わないホストをいつまでも働かせてくれるわけではありません。
保証(保障)給の打ち切りと言う「クビ」を宣告される日がくるでしょう。
早ければ3ヶ月、長くても1年ほど経過した段階で売上が全くないホストは要注意です。

売れないベテランホストと言うホスト業界の「闇」

保証(保障)給はあくまでホスト未経験の人や新人ホストが対象です。
たまたまその月に売上が無かったからと言ってベテランホストにまで支給されることはほぼありません。
つまり、売れないベテランホストの給料はガチで0円になる可能性があります。
※実際はヘルプ等でわずかなお金はもらっているはずなので0円ではないでしょうが…。

余談:基本給すらなかったホストクラブ創世記

ホストクラブ創世記(1960年代頃)は売れない・稼げないホストには容赦ない時代でした。
基本給などは存在せず、ヘルプホストの給料は安い。
その上、お店を利用するための「場代」を毎週収める必要すらありました。
場代を支払えないホストは速攻でクビです。
売れないホストにはわずかな居場所さえもない厳しい時代です。

そんな状況を変えようと立ち上がったのがホストクラブ業界の父と呼ばれる「愛田武氏」です(現在は故人)。
ホストの仕事に基本給の概念を加え、待遇改善の第一歩を踏み出しました。
但し、基本給(最低保証)だけで一応生活が出来る様になるまでにはそこから数十年の月日が必要だったのです。

求人検索

ご興味のあるエリアを選んでください。
オススメのホストクラブ求人情報を紹介します。

関西

関東

東海

北海道

関連記事

Q&A
特集