ホストクラブの年齢制限は?何歳から入店できる?

「何歳でもOK」ではないホストクラブの年齢制限

パソコンを操作する赤ちゃん

ホストクラブには18歳未満は入店できません。
客として来店することはもちろんのこと、ホストとして働くこともできません。
この年齢制限は法律によって定められています。

ホストクラブの年齢制限を決める法律とは?

18歳未満の入店を制限する法律は風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)です。
風俗と言う名称からアダルトなお店を想像しますが、キャバクラやホストクラブの他にもゲームセンター等もこの法律によって様々なことが決められています。

ホストには別の法律でも制限がある

ホストクラブで働くホストは風営法以外にも児童福祉法や労働基準法が年齢制限に関わってきます。
いずれも18歳未満の就労を禁止しています。

高校生はOK?

18歳は順調に進学していれば高校三年生の時に迎えます。
高校生がホストクラブで遊んだり働いたりするなんて当然ダメ、と思うかもしれませんが実はOKです。
法律には年齢の記述しかありません。
極端な話、制服を着て入店するのも働くのも法律上はOKです。

ただし、ほぼ100%の店から断られる

法律上問題ないなら良いじゃないか、と言いたいところですが実際無理です。
正直な話、あまり世間から評判のよろしくないホストクラブがそんなギリギリを攻めるメリットがありません。
叩けばホコリがでる体のホストクラブが警察から余計な注目を集めるのは自殺行為です。
このご時勢では簡単にSNS等で情報は広まってしましますから。

18歳未満でも遊べる・働けると言われたらどうする?

うちなら18歳未満でもOK
こんなことを言うホストクラブが日本のどこかにあるかもしれません。
どれだけ遊びたくても、どれだけお金が欲しくても、この誘いには絶対に乗らないようにしましょう。
最初から法律違反を宣言しているようなお店に関わって得られるのはトラブルだけ。

入店した場合、働いた場合の罰則は?

違反の数や悪質さにも拠りますが「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」などが科されます。
但し、罰則の対象はあくまで「店側」です。
入店した客や働いていたホストが罰せられることは基本的にありません。

違反が見つかった場合、上記の罰則の他に営業許可が取り消されます。
そのため、該当のホストクラブは基本的に閉店することになります。
さらに数年間は新たに営業許可申請ができなくなるペナルティまであります。

年齢を偽った場合は詐欺罪に問われる可能性はある

前述の通り、風営法の違反は店側だけが対象です。
事情を知っていようが知っていまいが客やホスト側は罪に問われません。
但し、店側の年齢確認の求めに応じて提出した身分証などの書類を偽装したり、他人や兄妹のものを流用した場合は少し事情が変わってきます。
悪質な場合は罪に問われる可能性があります。

入店&働けるが酒・タバコは別

近年、成人年齢が18歳に引き下げられましたが、依然として飲酒・タバコの制限は20歳のままです。
飲酒・タバコの制限は健康上の理由による制限なので、今後も引き下げられることは無いでしょう。

ホストクラブではお酒の提供が主なサービスです。
そのため、入店&就労の年齢制限と飲酒の年齢制限のズレが問題となってきます。
当然どちらも守らなくてはならないので、18歳を超えて入店・就労できてもお酒は飲めません。

ホストクラブによっては、この問題をややこしくしないために入店&就労の年齢制限を20歳に引き上げている場合があります。
入店を拒否する事自体は法律違反には基本的になりませんし、この場合は店側に正当な理由があるので争っても勝てはしないでしょう。

ホストクラブの年齢制限についてまとめ

全ては冒頭の文章に全て集約されています。
18歳を超えなければ遊ぶ事も働くこともできません。
お酒を提供する観点からむしろ法律以上に年齢制限を引き上げるホストクラブもあります。

少しでも安心・安全にホストクラブを利用するのであれば20歳を超えてからにすることを推奨します。

求人検索

ご興味のあるエリアを選んでください。
オススメのホストクラブ求人情報を紹介します。

関西

関東

東海

北海道

関連記事

Q&A
特集