ボーイズバーとホストクラブの違いを解説

特集 ボーイズバーとホストクラブの違いとは
ボーイズバー解説特集のバナー

男性向けのナイトワークとして知名度を上げているのがボーイズバーの仕事。
似た業種のホストクラブと比較しつつボーイズバーの仕事内容や給料システムについて解説していきます。

目次

比較早見表

手っ取り早く情報を知りたい方に表を作成しました。
個別の解説については続きの各詳細を参照してください。

ボーイズバーとホストクラブの仕事の違い
比較項目ボーイズバーホストクラブ
営業時間
※就業時間
制限なし。
24時間営業も可能。
実際の営業時間は20時〜22時頃開店し、明け方まで。
基本は
1部営業(18時頃〜25時)
2部営業(6時〜昼)
の2種。
3部営業(昼から〜)もあるがレアケース。
接客スタイルカウンター越しの接客。
密着度は低い。
1人で複数のお客様の対応をする場合がある。
隣に座っての接客(接待)。
密着度は高い。
基本的に1対1での接客。
指名制度ある。
但し、いつでも変更可。
ある。
1度決まった指名は基本的に変えられない。
仕事中の飲酒の有無ある。
但し、機会や量は少ない。
ある。
イベント時などは特に量が多くなる。
給料システム時給制+歩合制(率は低め)が多い。歩合制がメイン。
バック率は高い。
売上がない・少ないホスト用に最低保証給がある。

同じナイトワークでも微妙に違う仕事

ボーイズバーもホストクラブも、男性スタッフがお酒を提供しながらお客様をもてなす点では共通しています。
しかし両者には営業時間・仕事内容・給料システム・接客スタイルなど様々な違いもあります。 以下にまとめました。
最終的には自分に合っている方のお店で働いてみましょう。

営業時間が違う

まずは働く時間にも影響する営業時間を比較してみましょう。

ボーイズバーの営業時間

ボーイズバーの営業時間には特にルールはなく、基本的に自由です。
多数のスタッフを集めてシフト制にすれば24時間営業も可能です。
実際のボーイズバーは20時〜22時頃に開店し、そのまま明け方まで営業するパターンが多いです。

ホストクラブの営業時間

ホストクラブには大きくわけて2種類の営業時間があります。

1部営業⇒18時頃〜24時(地域によっては25時)までの営業
2部営業⇒午前6時〜お昼までの営業

※2部営業の終業時間は店舗によってかなり変わります。

深夜営業(25時〜午前6時)は基本的にNGです。
最近では新たな顧客獲得のため3部という昼間に営業するホストクラブもありますがまだまだ少数派です。

営業時間の違いはなぜ起こるのか?

ボーイズバーとホストクラブの営業時間が異なるのは得ている営業許可が違うからです。
前者は「深夜酒類提供飲食店営業」、後者は「風俗営業許可1号営業(社交飲食店)」の許可を得て営業しています。
「風俗営業許可1号営業(社交飲食店)」は営業できない時間がキッチリと法律上で決められています。

営業時間が違えば働く時間も変わってくる

営業時間が違えば就業時間も変わります
「夜間・深夜」の時間帯が主となるボーイズバーと「夕方から夜」までと、「早朝から昼まで」の時間帯があるホストクラブ。
あなたのライフスタイルに合うのはどちらでしょうか?

仕事内容・接客方法が違う

ボーイズバーのカウンター

女性のお客様をおもてなしする。
ボーイズバーとホストクラブの両方に共通する仕事ですが、細かく見ていくとその接客方法には違いがあります。

ボーイズバーの仕事内容・接客方法

ボーイズバーでの仕事はお酒を作るバーテンダーとお酒を運ぶウェイターの2つが主です。
お客様への接客はどちらも行います。

ボーイズバーでの接客方法は一般的なバーと基本的に同じです。
男性スタッフは基本的に女性客との間にカウンターを挟んだ状態で接客します
一定の距離感のある状態での接客ですのでお客様と親密にはなりにくいですが、同時に複数のお客様の対応が可能です。

ホストクラブの仕事内容・接客方法

ホストクラブでの仕事は接客を担当するホストとお酒を運んだり雑務全般を担当する内勤スタッフの2つが主です。
お酒を作るバーテンダーがいる場合もありますが、内勤スタッフが兼任することが多いです。
接客は基本的にホストのみが行います。

ホストクラブでの接客方法は「接待(せったい)」と呼ばれます。
サラリーマンが取引先に行うのとはちょっと意味合いが異なります。 ここで言う接待は男性スタッフ(ホスト)が女性客の隣に座って接客すること
分かりやすく言えばイチャイチャカップルみたいな状態です。
短時間で親密な関係を築くのに向いています。

接客方法の違いにも法律の影響あり

営業時間の項目でも触れましたが、ボーイズバーとホストクラブでは法律上の扱いが異なります。
規制が厳しいホストクラブの方が接客方法においてはより感情に訴えかける扇情的な方法が取れます。

指名システムが違う

接客する担当者を決めるのが「指名」です。
歩合給に大きく影響してくる指名のシステムにも違いがあります。
指名に関する詳細は特集記事を参照してください。

関連特集ホストの指名制度とは?

ボーイズバーの指名システム

お客様は来店するたびに指名する相手を変えることができます。
前回来店時に指名したスタッフでなくても問題なく、自由度が高いです。
指名を得るチャンスが多いですが、失うリスクも高いです。
※指名制度自体がないボーイズバーもあります。

ホストクラブの指名システム

1度決めた指名は基本的に変更できません
そのため、「永久指名」と呼ばれています。
指名をもらえれば、2回目以降は自動的に同じホストが接客担当になります。
他のホストから横取りされる心配はありませんが、限られたチャンスの中から指名を獲得する必要があります。
また、永久とは言え適当な接客をしているとお客様からクレームが入ります。
この場合は指名ホストを変更することが可能になってしまいます。

指名システムの違いは一長一短

指名システムに関してはボーイズバー・ホストクラブの双方に相反するメリット・デメリットがあるため、どちらが良いとはあまり言い切れません。
指名システムの違いは前述の接客方法の違いや後述する給料システムとの違いとも関連しています。

給料システムが違う

実際に働くとなると一番気になるのが給料。
両者とも、お店によって異なる部分は多いです。

ボーイズバーの給料システム

ボーイズバーの給料システムは店舗よって少々異なります。

1つ目は完全時給制
普通のバーと変わらないシステムです。
あまりボーイズバーでは見かけません。

2つ目は時給制+歩合制(率は低め)
時給をもらいつつ、ドリンクバックで稼ぐシステム。
多くのボーイズバーはこのシステムです。

3つ目は完全歩合制
どちらかと言うとホストクラブ寄りのシステム。
ボーイズバーでは少ないです。

ホストクラブの給料システム

ホストの給料システムは歩合制が基本です。
但し、誰もが簡単に売上を達成できるわけではありません。
その場合は基本給に相当する最低保証給が支払われます。
詳細については別のページで解説しているのでそちらを参考にして下さい。

同じ歩合でもホストクラブの方が給料への還元率(バック率)は良いことが多いです。
つまり、同じ売上額でも給料額はホストクラブの方が高くなりやすいのです。

関連特集ホストの給料システム解説

堅実な給料か、一攫千金を狙うか

ボーイズバーでは安定的な給料が確保しやすいです。
その分、大きく稼ぐことは難しいです。
ホストクラブは最低限の給料はもらえるものの、お客様を多く獲得したり、お金持ちのお客様を獲得したりすることでかなり大きく稼ぐことができます。

仕事での飲酒量が違う

ボーイズバーもホストクラブもお客様にお酒を提供するだけではありません。
時には自分も一緒にお酒を飲むことがあります。

ボーイズバーの仕事での飲酒量

ボーイズバーでお酒をガンガン飲むことはほとんどありません。
一応、ドリンクバック(歩合)もあるので飲んだ分は給料に還元されますが。
お酒に弱い人でも比較的働きやすいです。

ホストクラブの仕事での飲酒量

ローランドのようにお酒を飲まずに稼ぐ特殊なホストもいますが、ホストクラブで働く場合は基本的に飲酒量が多くなります。
お酒を飲み干し、次のお酒を注文することが売上に繋がり、最終的に給料(歩合給)に関わってきますので飲まないとなかなか稼げません。
お酒好きには天国のような職場かもしれませんが、イベント等では短時間で飲酒量がかなり増えるので事前・事後の体調管理はしっかりしておきましょう。

関連特集二日酔い予防&対策

ボーイズバーとホストクラブ、どっちがいい?

それぞれにメリット・デメリットはあります。
自身が求めているもの、譲れないもの、などから決めましょう。

気軽に働きたいならボーイズバー

ちょっとした社会勉強にナイトワークをやってみたい。
普通のバイトとは違う大人の世界を覗いてみたい。
友達にちょっと自慢できる変わったバイトをしてみたい。
など、軽い気持ちで始めるならボーイズバーがオススメです。
ホストほどギラギラした世界でもありませんので気軽に働けます。

大金を稼ぐ夢を追いかけるならホストクラブ

給料の伸び幅が大きいのはやはりホストクラブ。
歩合は高いお店で80%ほどまで増えます。
1000万円プレイヤーともなれば、月給800万などの世界。
人生一発逆転、ウハウハな生活をしたいならホストクラブがオススメです。

関連特集ホスト売上額ランキング
関連QAホストの1,000万円プレイヤーって何?

ボーイズバー形態のお店(歌舞伎町)

Swing(スウィング)

Swing(スウィング)
募集職種
1 .ウェイター
2 .バーテンダー など
給料
面接時に要確認
体験入店
体験入店あり
就業時間
18:00〜00:00※(月〜土の1部営業)
00:00〜7:00(月〜木の2部営業、金土は8:00まで)
定休日
日曜日
毎月第3月曜日
住所
東京都江戸川区南小岩8-14-21 相国第3ビル6F

Stylish BAR 8〜eight(スタリッシュバーエイト)

募集職種
1,バーテンダー
2,内勤スタッフ など
給料
最低日給保障7,000円〜※各種賞金あり
体験入店
なし
就業時間
23:00〜翌6:00
定休日
毎週木曜日/毎月1日
住所
東京都新宿区歌舞伎町2-23-10 第1本間ビル

ボーイズバー形態のお店(大阪)

S-LINE(エスライン)

S-LINE(エスライン)
募集職種
バーテンダー / 内勤スタッフ / 幹部候補
給料
◆レギュラー
日当最低保証8,000円〜
ドリンクバック+各種手当
◆アルバイト
時給1,400円〜+ドリンクバック+各種手当て
体験入店
最大15,000円支給
就業時間
23:00〜翌7:00
※時間・曜日は応相談
※週2日以上、1日5時間〜でOK
レギュラー勤務は特に歓迎
定休日
シフト制
住所
大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目4-21 玉屋町ギャラクシービル2号館2F

AITHER(アイテール)

AITHER(アイテール)
週1勤務からOK 終電上がりOK ボーイズバーだけど体験あり
募集職種
ボーイズバースタッフ
給料
※働き方によって異なります。
・新人期間※特典
日給7000円〜 総売50%〜バック
・レギュラー
日給4000円〜 総売50%〜バック
・アルバイト
日給4000円〜 総売40%〜バック
体験入店
4時間で10,000円〜最大15,000円支給
就業時間
オープン〜ラスト※実働5時間ほど
定休日
日曜日
住所
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-6-13 日宝ナイトビル2F

A-LINE(エーライン)

A-LINE(エーライン)
募集職種
バーテンダー / 内勤スタッフ / 幹部候補
給料
日当最低保証8,000円〜
ドリンクバック+売上10%〜
最低月収20万円〜
体験入店
最大15,000円支給
就業時間
21:00〜翌6:00
出勤時間・日数は応相談
週2日勤務からOK
定休日
日曜日
住所
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-5-3玉屋町VIPビル4階

Kurohige(クロヒゲ)

Kurohige(クロヒゲ)
募集職種
内勤ウェイター / バーテンダー など
給料
◆レギュラー出勤
月給20万円〜+ドリンクバック+売上バック
◆バイト勤務
日給9,000円〜+ドリンクバック+売上バック
体験入店
なし
就業時間
23:00〜翌7:00※応相談
定休日
日曜日
住所
大阪府大阪市中央区宗右衛門町5-3 日宝ベルソワール玉屋町3F

求人検索

ご興味のあるエリアを選んでください。
オススメのホストクラブ求人情報を紹介します。

関西

関東

東海

北海道

関連特集

関連する特集記事を紹介します。
興味のある方はチェックしてみてください。

メンキャバとは?

メンキャバとは?

ボーイズバーと同様にホストクラブとはちょっと違う業種であるメンキャバについての解説です。
店舗はほぼ関東エリアにしかありません。 メンキャバとは?を見る