ホストの枕営業事情

売上アップ間違いなし?の接客法

ホストの枕営業事情

銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却 客を確保するために性交渉したクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為となるのか――。こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかった。
判決は昨年4月に出された。裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と女性に慰謝料400万円を求めた。
判決で始関(しせき)正光裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。 参照元:yahooニュース
枕営業をしていた(本人は否定)とされるクラブのママが相手の男性の奥さんから訴えられたと言う話。
担当した裁判官はややユニークな人なのか、枕営業はビジネスライクなものでありそれが結婚生活に悪影響を与えないと判断しております。
その他、引用部分以外の記事では枕営業が存在することはみんなが知っている公の事実だ、とまで言っています。

確かに、水商売に限らず仕事上の利益のために枕営業をするなんて話は良く聞きます。
なのでホストクラブにおいても枕営業は普通に存在します(笑)
よくあるパターンとしては、ホスト側が枕を仕掛けて一線を越えることで一気に親密な関係を作ろうと言うもの。
お客さんの好意・依存度が高くなればなるほど自分に投資してくれる額も大きくなりますからね。
その代わり枕は諸刃の剣でもあります、上記のニュースでは7年も続いたようですが通常はそこまで長続きしません。
フルコースにおけるメインディッシュを早々に提供してしまってはもうそれ以上のものは出せません。
結局マンネリ化して気持ちが離れていってしまうのです。
短期でガンガン稼ぎたいホストにとっては有効な手段ですが、もっと長期的に大きな利益を産もうと思うならば枕は少し控えたほうが良いでしょう。

枕と言うとホストから仕掛けるパターンばかりと思われがちですが、最初から体目当てでホストクラブに行くお客さんも一定層います。
彼女たちにとってみたら男性が風俗店で性欲解消するようなものなんでしょうね。
当然そういったお客さんも長続きはしないのでどう対処するかはホストとしての腕の見せ所でしょう。

関連記事

この記事に関連するホスニュー記事。