ホストの応募条件とは

ホストに必要な資格・スキルは?

ホストの応募条件

身体検査で不合格者は年間1千人超、パイロット不足も深刻化…解決策なし 多くの乗客の命を預かる航空機パイロットは、法定の航空身体検査の項目で1つでも不合格となれば乗務できない。
年間1万人余りが申請するが、厳しい内容のため、不合格者は1千人以上に及ぶ。
航空需要の高まりに伴うパイロット不足が今後深刻化する見通しだが、質と量を両立させる抜本的な解決策は見いだせていない。 参照元:yahooニュース
子供の憧れの職業上位に常にランクインする「パイロット」。
多数の乗客の命を預かっている職業なので働くに当たってかなり厳しい条件があるようです。
そのハードルが高すぎるために毎年多くの不合格者が生まれ、結果パイロットの人員不足が起こっているとのニュースです。

我らがホストクラブ業界も常に人員不足。
お客は基本的に「店」ではなく「ホスト個人」に付くために多くのホストが在籍しているほうがお店全体の売上アップに影響します。
そのため、ホストクラブは常に求人情報を発信し、新人ホストの獲得に頑張っています。

ホストへの応募条件を見てみるとパイロットと比べてゆるめとなっています。
視力や体重測定などないのは当然のことです。
あるとすれば年齢制限くらいでしょうか。
ホスト自体に定年などありませんが新人ホストとなると20代までがほとんどです。
もちろん年齢制限まったくなく、おじいちゃんみたいな人を雇っている面白い店もたまにあります(笑)
よく言われる「ルックス」ですが、気にする必要はありません。
髪型やちょっとしたメイク、薄暗い店内で大よそカバーできます。
もう1つ言われるのが「トーク(おしゃべり)」です。
これはお客さんに失礼なことを言わない、最低限の礼節が出来ていれば基本的に問題ありません。
ホストが全員最初からプロのトーク術を持っていたわけではありません。。
先輩のヘルプなどで場数を踏み、少しずつ色々なトークの引き出しを増やして行ったのです。
基本的なことは、
⇒ 女性との会話術(初級編)
などで学べばOKです。

関連記事

この記事に関連するホスニュー記事。