ホストクラブとチューハイ

シャンパンもいいけどチューハイもね

ホストクラブとチューハイ

政府・与党は2016年度の税制改正で、チューハイにかかる酒税の引き上げを検討する。 ビールや発泡酒などビール系飲料の税額を一本化する検討を進めるにあたって浮上した。安く飲めるチューハイへの増税に消費者の抵抗が強まることも予想され、年末に向けた税制改正論議の焦点の一つとなりそうだ。
自民党の税制調査会幹部など複数の関係者が明らかにした。課税強化などでアルコール依存を防ごうとしている世界の流れを踏まえ、関連業界にも理解を求めていく。

チューハイは、焼酎やリキュールといった蒸留酒を炭酸水や果汁など別の飲料で割った低アルコール飲料の総称だ。350ミリ・リットル缶で酒税額は28円と低く、1本150円前後で販売されている。 参照元:yahooニュース
発泡酒や第3のビールの増税の話に引き続き今度はチューハイの酒税検討というニュース。

ホストクラブの店内で提供されるアルコール飲料のイメージはシャンパン、これでしょう。
確かにその通りなのですが、ホストクラブにはその他にも各種アルコールを用意しています。
ワインに梅酒、ビールに発泡酒、カクテルを作ってくれるところも多いです。
そしてニュースで話題となっているチューハイも人気の飲み物の1つ。
イベント写真などを見るとテーブルの上に空き缶が置いてあるのがわかります。
⇒ホストクラブイベントレポート
シャンパンはタワーやコールのためと言う意味合いが強めで美味しく楽しむのはやはりチューハイやビールがメイン。
この増税が実施の運びとなるとホストクラブ業界にも少し影響がありそうです。

関連記事

この記事に関連するホスニュー記事。