ホスト業界も提携が進む?

横のつながりが強いホスト業界

ホスト業界も提携が進む

ソフトバンクがヤマダ電機株式を227億円で取得、第4位株主に 資本・業務提携 ソフトバンクとヤマダ電機は5月7日、資本・業務提携を結んだと発表した。ソフトバンクは総額約227億円でヤマダ電機株式の5%を取得、第4位株主となる。ヤマダ電機が持つ家電の全国販売網と、ソフトバンクの通信事業などを融合し、少子高齢化に対応した新サービスなどを展開するという。

 提携について、ヤマダ電機は「少子高齢化社会に向けての新しいビジネスを創出することと、既存ビジネスの連携強化が目的」と説明。ソフトバンクはヤマダ電機を通じた販売力の強化に加え、ヤマダ電機が持つ全国の店舗ネットワークを生かした生活サポートサービスや、太陽光発電や蓄電池を活用した「スマートホーム」事業と、ソフトバンクのブロードバンドや自然エネルギー事業、ロボット事業の融合を図っていく。 参照元:yahooニュース
通信事業の大手ソフトバンクが家電大手のヤマダ電機と業務提携したというニュース。

ホストクラブ業界というと、提携などもってのほかで『弱肉強食の世界』、『他店とは常にトラブル起こしてる』といったイメージを持つ人がいるかもしれませんが実際はそんなことはほとんどありません。
むしろ仲の良いお店同士でイベントを共同開催したり、仲の良いホストが主催しているイベントに自分のお客さんを連れて来店する「同業巡り」が盛んに行われていたりと連携している店舗・ホストは多いです。
その他、歌舞伎町や大阪などでは店舗の垣根を超えて組合を結成しボランティア活動を行って社会に貢献しようという取り組みも行われています。
「業務提携」とまで堅苦しい感じではないですが意外とホストクラブ業界というのは店舗同士の繋がりを大事にしているのです。
今後もこういった動きは増していくと思われます。
そしてそれがいつか爆発を起こし、数年前のような『ホストクラブブーム』がまたやってくるのも時間の問題かも知れません。

関連記事

この記事に関連するホスニュー記事。