ホスト求人情報 ホストペッパーロゴ画像 ホストクラブ・メンキャバ・ボーイズバー求人情報を探すならホストペッパー!! 「ホストペッパー」では、新宿歌舞伎町・大阪・京都・神戸のホストクラブ・メンキャバ・ボーイズバーの求人情報を紹介しています。

ホストクラブの体験入店とは

ホストの仕事を『体験』する

体験入店とはホストクラブでの仕事を「体験」することです。
※略して体入(たいにゅう)とも呼ばれます。
漠然と思いつく「女性とおしゃべりする」「お酒を飲む」の裏側にはいろいろと細かな仕事内容があります。

体験入店は最近ではほとんどのホストクラブで実施されているシステムです。
また、この体験入店をすることで自動的に入店、とはならないので(最後に入店するか聞かれる)気軽に応募しましょう。


体験入店の目的と応募方法

ホストクラブの仕事を体験

ホストクラブ、一時期のブームでその存在を知った人も多いことでしょう。
派手な髪で女性と楽しくおしゃべりして大金を稼ぐ仕事。
ここまではなんとなくわかりますが、実際に働こうと思ったときに不安になるのは実際の仕事内容や独自のルール。
よくよく考えてみるとわからないことだらけ。
しかもホストクラブと言えば「夜の世界」
何となく不安を抱える人も多いはず。
それを解消しようというシステムが「体験入店」です。

体験入店に応募してみよう

体験入店の応募の流れは通常の求人応募と場合と基本的には同じです。
ホスト求人サイトの応募フォームを利用したり、求人窓口になっている電話番号やLINE、メールアドレス宛に連絡しましょう。
選任のスタッフがいるお店もありますし、役職ホスト(代表・主任など)が窓口になっているお店もあります。
電話の場合、営業中は避けたほうがいいです。
ホストクラブの営業時間は…

1部(夕方〜深夜24時まで)※例外的に25時まで営業できる地域もある
2部(6時頃〜9時くらいまで)


です。

タイミングを合わせるのが難しい場合はLINEやメールで問題ありません。
きちんと「体験入店希望」という内容を盛り込みましょう。
担当者から返事が来たら日程の調整を行います。

体験入店に必要なもの

体一つ・手ブラでOK、と言いたい所ですがそうでもありません。
体験入店とはいえ法律で制限のある18歳未満の人を働かせるわけには行かないからです。
注)身分証の確認がいい加減な店は避けたほうが良いです。
ですから、身分証(写真つきが好ましい)を持って行きましょう。
履歴書は問合せの際など事前に担当ホストから必要だと言われていない限りは基本的に必要ありません。
その他、担当者から聞いたことをメモする必要がありますので準備しておきましょう。

服装に関してですがスーツである必要はありません。
持っているのであれば着ていくことになんら問題ありませんが汚れる可能性も考えておきましょう。
持ってない人は私服でOKです。※ジャケットがあるならそれで
ホストクラブ側が無料のレンタルスーツを貸してくれます。

体験入店の手順(歌舞伎町編)

体験入店の流れ・手順をこの動画を参考に見ていきましょう。

体験入店について面談を受ける

体験入店について面談を受ける まずは面談。
体験入店ではありますが、そのまま入店となる場合もありますのでいくつか質問を受けます。
基本的なプロフィールなどを用紙に記入、履歴書を持参するのもありです。
一般のバイトで「大金が欲しい」という志望動機はあまり好まれませんがホストクラブでは特に問題ありません。
それどころか、それを「やる気」ととらえて評価されることもあります。
変な建前はいりません、「モテたい」という理由も、もちろんOKです。

給与システムや勤務シフトなど就業に関することの説明も受けるので気になることがあったらここでちゃんと確認しましょう。

先輩ホストから接客を教わる

先輩ホストから接客を教わる 体験入店とは言え、実際にホストクラブに来店したお客さんの相手をするので基本的な接客術を学びます。
ホスト同士での意思疎通をするためのサイン、グラスの大きさの違いやライターでタバコに火をつける際の注意点など。
店によっては細かい接客まではさせないのでざっくりと教えるだけにとどまることもあります。
丁寧なお店だと実演などしてシミュレーションしてくれるので実際にテーブルについたときに失敗する確立が減ります。 ※関連特集ホストの接客スタイル「営業」を紹介

ヘルプホストの心得

ヘルプホストの心得 体験入店での接客は自分の指名客がいるわけではないので「ヘルプ」となります。
「ヘルプ」はメインである指名ホストの接客補助を担当します。
接客の指導で教わったことを思い出しつつお酒を用意したりタバコに火をつけたり、話の盛り上げ役に徹します。
意思疎通のサインは接客中の話の流れを壊したりしないように生まれたもの、できるだけ見逃さないようにしましょう。
接客中はお客さんにあまりにグイグイ行き過ぎるのも問題ですし、逆にしゃべらな過ぎるのも問題。
動画で紹介されているように「先輩とその彼女」をヨイショするイメージで望みましょう。

基本的にありませんが、もし指名ホストのいない「新規客」のテーブルにつくことがあれば多少グイグイ行っても良いです。
そこで指名をもらえれば相当評価は上がります。 ※関連特集ヘルプホストの仕事とは

ホストはトークが命

ホストはトークが命 売れっ子ホスト=イケメン。
確かに一理ありますが、それが全てではありません。
美人は3日で飽きるなどと言われるようにイケメンもそのルックスだけでは長続きしないのがホストの面白いところ。
では何が重要かといえばやはり「トーク」
特に女性はおしゃべりが大好きですし、話すことでストレスの発散もしています。
お酒を飲みつつ言いたいことしゃべってもらい、笑わせてあげる。
その対価として決して安くはないお金を支払ってもらうのです。

特別に崇高な・教養のある話をする必要はありません。
自分が見た・聞いた・気になったことでもいいですし、自分自身の話でも良いです。
ただし、自分語りはほどほどにしないと鬱陶しく思われる場合もあります。
全てのトークはお客さんに話し出してもらうためのきっかけと割り切るくらいがちょうどいいです。
軽くジャブを打ちつつ反応をうかがい、何か興味がありそうな話題を見つけたらそこを掘り下げる。
それを繰り返すうちにだんだんとそのお客さんの性格や好み、興味のある話題などがわかってくるものです。
体験入店の段階ではそこまで前に出てトークする必要はありません、先輩ホストの会話の邪魔をしないよう心がけましょう。

体験入店の給料受け取り

体験入店の給料受け取り 体験入店が終わればお待ちかねの給料(報酬)の受け取り。
金額が間違っていないかチェックしましょう。
このタイミングで実際に入店して働きたい気持ちがあるのであれば伝えます。
それで明日からホストクラブの一員です。
通常の出勤にあたり細かな説明などもあるのでしっかり聞いておきましょう。 ※関連特集ホスト体験入店料ランキング

体験入店の手順(大阪ミナミ編)

2つ目の参考動画で別のお店の体験入店の流れを見てみましょう。
上記の歌舞伎町の説明とダブる部分は省略する場合もあります。

体験入店希望者だとしっかり伝える

体験入店希望者だとしっかり伝える 店内に入ったら近くにいるホスト(スタッフ)に体験入店で来たことを伝えましょう。
その人が担当者ならそのまま、担当以外の場合は担当者を呼んでくれて案内してくれます。
中に入ることに戸惑ってしまうなら一旦外で担当者に電話なりLINEなりして連絡しましょう。
外まで出てきてくれるか、入り口で待っていてくれます。

体験やお店のシステムの説明を受ける

体験の流れやお店のことを聞く 実際に体験でどんなことをするのか、お店がどのような取り組み(集客・新人育成)を行っているかなどを説明してもらいます。
ホストの仕事について不安なこと、求人情報で疑問に思っていたことなどを積極的に聞きましょう。
恥ずかしがったり、遠慮する必要はありませんよ。ここはそういう場ですから。

へアセット・スーツのレンタル

へアセット・スーツのレンタル ホストたるもの、体験入店でも身だしなみは大事です。
とは言え、前日に美容院に行くとか、スーツを買っておく必要はありません。
ヘアセットはお店のホスト、もしくは専属のヘアメイクが上手くやってくれますし、スーツは貸してくれます。
来たとき状態で髪形は体験するのに問題ないことも多いのでヘアセットはスルーすることもあります。
※ヘアセットしてもらえるからと考えてボサボサの頭で体験に行くのはNGです(笑)

研修を受ける
(テーブルマナー・お酒の作り方)

研修を受ける(テーブルマナー・お酒の作り方) 実際のテーブルにつく前に実践的なテクニックや知識を教えてもらいます。
体験時はサポート役がメインです。
その中でもお酒の準備は重要。
たとえホストの仕事をしなくてもためになる知識なので覚えておいて損はありません。

先輩ホストのサポート(実践)

先輩ホストのサポート(実践) ついに本番です。
必ず先輩ホストがいますので安心してください。
先ほど覚えたお酒の作り方を実際にやります。
緊張するのはわかりますがお客さんに楽しんでもらう場ですから笑顔を心掛けましょう。
わからないことはすぐに先輩ホストに確認しましょう。
※ちなみに、動画に写っている金髪の美女(?)は女装したスタッフですね。腕がたくましい(笑)

給料を受け取る

給料を受け取る 体験入店が無事終わって体験料を受け取ります。
高額なお店だと数万円にもなるとても嬉しいもの。
入店の意思も確認されますのでお店が気に入ったら働いてみましょう。
体験入店は1日で終わる場合もあれば2日以上できる場合もあります。
詳細はお店に確認してみましょう。

現在、体験入店最大30,000円支給の太っ腹状態!
⇒桜-PLATINUM-の詳しいホスト求人情報はこちら