2つの名前を操る人たち

ホストが名乗る第二の名前

2つの名前を操る人たち

静岡地裁、在日韓国人男性に本名強要の会社社長に賠償命令 24日、静岡地裁で、40代の在日韓国人男性が勤務先の社長に本名を使うよう強要され精神的苦痛を受けたとして、損害賠償を求めた訴訟の判決がおこなわれ、大久保正道裁判長は社長に55万円を支払うよう命じた。

 原告の男性は韓国籍だが、日本で生まれ育ち、通称名(日本名)を使用していた。勤務先で社長から「朝鮮名で名乗ったらどうだ」などと繰り返し言われ、精神的苦痛と屈辱を味わったとして慰謝料330万円を要求していた。 参照元:yahooニュース
本名と通称名、2つの名前を持つ男性に関するニュースです。

ところで、1人で2つの名を持つと言えばホストもそうですよね。
本名と仕事で使う源氏名。
今回はこの源氏名について少々書いてみましょう。

源氏名はホストに限らず水商売関係の仕事に従事する人が仕事で使うもう1つの名前のことです。
元々は源氏物語に関連したものでしたが、今はもう見る影もありません(笑)。

ホストクラブの源氏名は基本的には自分で決めることが出来ます。
いわゆるキラキラネーム系でも良いですし、ウケ狙いでも良いです、すでに人気のある他店・他地域のホストさんの源氏名を拝借するのもありです。

新人ホストの場合、苗字を持たない場合が多く、ある程度の経験を積むとあとから苗字がつくことになります。
そしてこの苗字ですがホストクラブ各店には代々使用されている苗字があり(一条、一之瀬など)それをつけることを許されればあなたも一人前のホストとして認められたと言っても過言ではないでしょう。

源氏名はあくまで働く時だけのもの、通称名みたいに普段使いはしません。
当然お客さんとの間でも源氏名でやり取りしますがかなり仲良くなった場合には本名を教えるホストもいます。

関連記事