ホストクラブを影で支える内勤の仕事とは

特集 ホストクラブで働く内勤の仕事と給料
内勤スタッフ特集のバナー

目次

ホストクラブの内勤って何?

ホストクラブで働く人=ホストと思われがちですが、実際はそうではありません。
お店を1つ運営するには接客以外にも様々な仕事があります。
それらを担当するのがいわゆる内勤です。
知られざる彼らの仕事や気になる給料について紹介していきましょう。

内勤の仕事内容

内勤の仕事内容

まずは仕事内容から。
内勤の中にも完全に裏方となり、人前に出ない場合もあります。

給仕(きゅうじ)

いわゆるウェイターです。
注文のあったお酒やフードをテーブルまで運びます。
お酒に関しては、その値段が上がれば上がるほどホスト自身がアピールのために持っていきますから内勤の仕事はありません(笑)。
一般の飲食店とは違い、お客さんの出迎えはホストがやるのでこちらもあまり出番はありません。

つけ回し

ホストクラブ以外にもキャバクラでも内勤・ボーイスタッフが担当する仕事です。
簡単に言えば、店内での司令塔
どのテーブルにどのホストを配置するのかを指示します。

なぜ、この仕事が重要かというと2つの理由があります。
1つ目は公平性のため。
誰でも自由にテーブルを移動したり、新規のお客さんの席に着くことができるとホスト内の力関係がモロに出てきます。
新人に与えられるチャンスはかなり減ってしまうでしょう。
2つ目はお客さんの満足度アップのため。
お客さんには様々なタイプがありますし、ホストも接客に得意・不得意があります。
落ち着いた雰囲気でしっとりと飲みたいお客は、騒いで盛り上げるタイプのホストが接客しても高い満足度を得られ難いでしょう。
内勤スタッフが第3者の目線で最適な組み合わせのホストをテーブルに送り込むわけです。

このような理由があるので、内勤スタッフがちゃんと存在してつけ回しを行う店舗の方が稼ぎ易いと言えますね。

ヘルプ

ホストの接客サポートを行うのがヘルプの仕事。
場合によっては内勤が担当することもあります。
よほど人手が足りないか、元ホストの内勤でなければヘルプに回されることはないのでご安心を。
逆に、ここでヘルプとして売上に貢献できればちょっとした+αの給料がもらえることも。

開店準備・閉店後の後片付け

店舗運営を担うスタッフとして欠かせない仕事です。
掃除、備品管理、お酒の発注など様々。
内勤スタッフだけで行うわけではなく、多くの場合でホスト(特に新人など)も手伝います。

求人応募の窓口

これからみなさんが行うかもしれない求人応募の窓口を担当する場合もあります。
そのまま面接まで担当する人もいますし、実際の求人担当者との間に入って面接や体験入店のスケジュールを応募者と打ち合わせる役割の人もいます。

事務・経理

完全に裏方の仕事です。
デスクワークで実に地味な作業です。
数字が苦手な人にはちょっと向かない仕事と言えますね。
お金の管理は特に慎重に。

内勤の給料について

給料を貰って喜ぶ内勤

仕事に興味を持ったら次は給料について。
ホストクラブは高収入なイメージがありますが…

固定給が基本

内勤はその仕事内容からも分かるように一般的な飲食店に勤務するスタッフと変わりません。
給料体系も似ていて、大きな変動がない固定給が基本です。
歩合(成果報酬)が基本であるホストと実に対照的です。

気になる金額は月給でおおよそ20万〜30万ほど。
月給100万とか、売上5000万突破とか派手な金額が飛び交うホストクラブの中では大人しい金額。
仕事の大変さが違うとは言え、ホストと違ってメチャメチャ稼げるわけではありません。

歩合(成果報酬)がないわけでもない

ホストは自身の売上に応じた歩合給をもらっています。
実は内勤にも歩合給が発生する場合があります。
その際に参照するのが店舗全体の売上
ホスト全員の頑張りの結果から内勤にいくらか還元されるわけです。
つけ回しなども含めていかにホストたちに稼いでもらうかが重要なのです。

内勤として働くには?

内勤として働きたい場合はホストクラブの求人情報をチェックしましょう。
100%ではありませんが、高い確率で募集しています。

ホストと同様に年齢制限がありますので18歳未満(高校生は基本不可)は働けません。
また、ホストとは違って体験入店は出来ません。
このあたりは普通の飲食店のバイト応募と変わりません。

歌舞伎町で内勤の求人を探す 大阪ミナミで内勤の求人を探す

内勤の求人応募について注意点

身に危険が及ぶような話ではありませんが、知っておいたほうが良いことを。

採用枠は少ない

内勤の存在は重要ですが、ホストに比べれば店舗内での必要人数が少なくて済みます。
そのため、採用枠は元々かなり少ないと思っておきましょう。
ホストクラブの仕事だと甘く考えていると簡単に不採用になります。
本気で働きたいなら過去の経験(飲食・接客系がベター)や熱意をしっかり伝えましょう。

元ホストの内勤は多い

前述の内容に関わりますが、内勤の中には元々ホストとして働いていた場合が結構あります。
それは同じ店であったり、違う店であったり。
店側もホストの仕事について知識がある人を内勤にするほうが上手く行くので積極的に採用しているようです。

ホストの仕事を勧められるかも

ホストクラブ側の本音を言えば、内勤よりもホストが欲しいのです。
ホストは直接売上を獲得できるので店全体の売上への影響が強いですから。
そのため、内勤として面接した人にホストの仕事を勧めることは少なからずあります。
一昔前ならともかく、今では強引にホストとして働かされることはないので無理なら断りましょう。
ちゃんと考えて納得できたのならばホストとして働いてみるのも1つの道です。

関連特集

関連する特集記事を紹介します。
興味のある方はチェックしてみてください。

内勤スタッフ給料額ランキング

内勤スタッフ給料額ランキング

ホストクラブの管理・運営を担当する内勤スタッフ。
ホストには及びませんが高い給料を得られる仕事です。 内勤スタッフ給料額ランキングを見る