ホストもカレーも「本場」の牙城を崩すにはオリジナリティが必要

ホストクラブの「本場」とは?

ココイチ、英とインドに出店へ 日本流で「本場」に挑戦

ココイチ、英とインドに出店へ 日本流で「本場」に挑戦 カレー店チェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋(愛知県一宮市)は6日、新たに英国とインドに出店する方針を明らかにした。カレーはインド周辺が発祥とされ、英国で欧風の料理に発展した。カレー食文化の「本場」に日本流のカレーライスで挑戦する。 参照元:朝日新聞デジタル
カレーチェーン店のCoCo壱番屋(ココイチ)がカレーの本場たるインド、日本のカレーのルーツでもあるイギリスに出店するというニュース。
あくまで「日本流」で勝負する姿がすばらしいですね。
本場の人たちの舌には合うのでしょうか。

どんな業界にもルーツ・本場というものがあります。
当然ホストクラブにもありまして、それはやはり「歌舞伎町」でしょう。

ダンスホールのダンス指導員が女性をもてなしたことから始まったホストクラブ。
現在のホストクラブの基礎を作ったとされる「club 愛」は歌舞伎町のお店です。
その牙城を崩そうと北は北海道札幌、南は九州福岡まで様々なホストクラブが歌舞伎町に出店しています。
そこで重要なのはやはり独自性・オリジナリティでしょう。
歌舞伎町のホストにはない、地方からやってきたホストの魅力をアピールすることができれば本場といえどチャンスはありますからね。
実際上陸に成功して定着しているホストクラブもあります。
また、最近では歌舞伎町から地方への進出も徐々に増えています。
いまや本場は受けて立つばかりでなく、どんどん攻めて全国進出を狙って競争は過激化しています。
この流れはホストクラブ業界全体の盛り上がりに繋がれば最高ですね。
⇒大阪VS東京 ホストクラブ求人比較!
⇒歌舞伎町のホストクラブ求人を探す

関連記事

この記事に関連する特集を紹介しましょう。